聖パトリック祭のレシピ

Play
Ballyknocken Cookery School, County Wicklow

3月17日は、アイルランドによる世界への貢献を祝福する日です。食べ物に関しては、アイルランドから聖パトリック祭のパーティーにふさわしい有名な料理がいくつか生まれています。

アイルランドでなくとも、聖パトリック祭の日には世界中が緑色になります。ただし、幅広い伝統的な料理があるため、聖パトリック祭のパーティーメニューにエメラルド色のものを考える必要はありません。牛肉のギネス煮込み、スモークサーモンパテまで、アイルランド全体で確立されている因習的な食べ物からすばらしいお奨めを用意しています。

Brown soda bread

Cliff Academy: Lesley Keoghのブラウンソーダブレッド

アイルランド中の台所で毎朝作られているこの伝統的なパンは、この上なく簡単です。オーブンに入れる前に、はっきりとした十字を刻んでください。ここから妖精たちが出て行くらしいので。

材料

プレーン小麦粉 220g/8oz

全粒小麦粉 220g/8oz 

塩 小さじ½杯

ベーキングソーダまたは重炭酸ソーダ 小さじ1杯

バターミルク 1パイント/500ml

作り方

オーブンを180C/350F/Gas mark 4に温めます。

ボールで乾燥した材料をすべて混ぜ合わせます。真ん中にくぼみを作り、バターミルクを注ぎ、粉とミルクを手ですくい上げます。次に、粉をまぶした面に移し、そっと丸く形作ります(こねすぎない)。上に十字の切り込みを入れます。粉をまぶしたベーキングトレーに置いて、オーブンで35~40分焼きます。

ブレッドを取り出すときにひっくり返し、底の部分を軽くたたきます。空洞の音がしたら、完成です。網台の上で冷まします。

Salmon Pate

Cliff Academy: Lesley Keoghのスモークサーモンパテ

アイルランドの西海岸は、伝統のある上質なスモークサーモンで有名です。そのままでもおいしいですが、このシンプルなパテのレシピで、一捻り加えることができます。

材料

スモークサーモン 8oz/225g

クリームチーズ 8oz/225g

ホースラディッシュソース 小さじ1杯

レモン果汁 小さじ1杯

ディル 2~3枝

作り方

すべての材料をフードプロセッサに入れてブレンドします。とてもシンプルです!

新鮮なグリーンサラダと和えたり、クレソンと組み合わせればアイルランドスタイルになります。クローバーの葉を使わないでください。美しい葉っぱですが、実際には食用ではないので。クローバーの代わりとしてクレソンを使用しましょう。

Cashel mussels

Cashel House: にんにく、トマト、唐辛子で味付けした温製カシェルムール貝

ムール貝はアイルランドの貝類の中で最も豊富であり、古代より食されてきました。ムール貝のための料理や、ムール貝を祭るお祝いがあります。ムール貝はダブリンの有名な曲、モリーマローンでも歌われています…モリーは一輪車を押しながら、叫びます。「ザルガイにムラサキガイはいかが、活きがいいですよ!」

材料

ムール貝 6.5 lb/3kg

にんにく 3片(皮をむいてみじん切り)

赤唐辛子 1片(細かいみじん切り)

プラムトマト缶詰 1缶(14oz/400g)

ラガー ½ パイント/300ml

春タマネギ 2個(細切り)

オリーブオイル

作り方

冷水でムール貝をよく洗い、ひげを取り除きます。硬く閉じたムール貝だけを使用し、開いたものは捨てます。大き目のフライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくがこげないよう、柔らかくなるまで炒めます。

ムール貝を加え、5分間加熱します(あるいは貝が開くまで)。みじん切りの唐辛子とトマトを加えます。十分に火が通るまでさらに3分間加熱し、最後にラガーを加え、スープが沸騰するまでさらに2分間加熱します。

大きめの皿に盛って、スライスした春タマネギをあしらい、自家製のブラウンソーダブレッドを添えます。

Beef and Guinness Stew

Wineport Lodge: 牛肉のギネス煮込み

この昔ながらのアイルランド料理は、大人数にぴったりの一品です。ギネスの独特な香りにより、アイリッシュシチューの最適な代わりの一品となります。

材料

シチュー用牛肉 2.25 lb/1kg(すね、わき腹肉、1in/2.5 cm角切り)

小麦粉 1oz/25g

タマネギ 1個分(皮をむいてスライスする)

にんじん 2本(薄切り)

パースニップ 大1個または小2個(皮をむいて角切り)

ギネス、または牛肉のストック 1パイント/600ml

プルーンジュース 4分の1ボトル/225ml(好みで)

ブーケガル二またはミックスハーブ

根用セロリ半分またはセロリ3~4本(角切り)

オレンジ半分、そのまま(好みで)

作り方

牛肉に味付けをし、小麦粉をまぶします。厚手のフライパンで少量のオイルとバターを温め、何回かに分けて牛肉を調理し、キャセロール皿に移します。タマネギと他の野菜を加え、同じフライパンで数分間加熱します。

キャセロール皿に移します。残りの小麦粉をフライパンに入れ、かき混ぜながら残っている油を吸わせ、1分間調理してからギネス(またはストックやプルーンジュース)を加えてかき混ぜます キャセロールにソース(メインの材料が隠れるくらい)、ブーケガル二またはミックスハーブ、オレンジを加えます。味付けをし、よくかき混ぜてからフタをかぶせ、牛肉が柔らかくなるまでオーブンで約2時間加熱します。

オレンジとブーケガル二を取り出し、味付けを確認し、(好みで)ギネスに浸したプルーンを加えます。マッシュポテトを添えて、刻んだパセリを振りかけます。

Bushmills apple tartlets

Bushmills Inn: アーマー州のアップルタルト、カラメルソース掛け

アーマー州のりんごはアイルランドの食物遺産において重要な品目です。欧州のPGIステータスを獲得しており、地域原産であることを示しています。その上、とてもおいしいのです!

材料

フランジペイン:

グラニュー糖 3oz/75g

無塩バター 3oz/75g

溶き卵 1個分

アーモンドパウダー 4oz/110g

プレーン小麦粉 1oz/25g プ

牛乳 ½ fl oz/15ml

カルバドス 少量

タルト:

4枚の薄い円形パイ生地、直径約6in/15cm

カラメルソース:

グラニュー糖 14oz/400g

冷水 16fl oz/500ml

クリーム 16fl oz/500ml

食用りんご 3~4個

溶かし無塩バター 1oz/25g

粉砂糖少々

飾り:

少しのクレームフレーシュとミントの葉

作り方

オーブンを180C/350F/Gas mark 4に温めます。

フランジペイン: バターと砂糖が白っぽくなるまでかき混ぜ、次にそれを卵、アーモンドパウダー、小麦粉、牛乳に混ぜいれ、最後にカルバドスを加えます。必要になるまで冷蔵庫で冷やします。

タルト: パイ生地のディスクを粉をまぶしたベーキングトレーに並べ、加熱したオーブンで8~10分、または黄金色になり少し膨らむまで焼きます。ディスクを平らにするために、まだ温かいうちに、他のベーキングシートに置き、少し押してペストリーから空気を抜きます。

「アイルランドの果樹園」であるアーマー州発祥のカラメル掛けりんごタルト。お好みで、カルバドスの代わりにブランデーを使用してもかまいません。

カラメルソース: 厚手のフライパンで砂糖と水を黄金色のシロップになるまでゆっくりと加熱します。熱を冷ましてから、クリームを加熱し、注意してシロップに加えます。数秒間加熱します。必要に応じて、目の細かいうらごし器で漉します。

冷えたペストリーディスクをベーキングシートの上に並べ、それぞれの上に縁部分を少し残してフランジペインを広げます。りんごの皮をむき、芯を取ってスライスし、タルトの上にきれいに置きます。溶かしバターを刷毛で塗って、10~12分焼きます。最後にタルトの上に粉砂糖を振りかけ、砂糖が溶けてカラメル状になるまで直火で焼きます。

温めたデザート皿にタルトを置いて、カラメルソースを散りばめます。クレームフレーシュとミントをあしらい、粉砂糖を振りかけます。

Roadside tavern Colcannon

Roadside Tavern: コルカノンの上にあしらわれたBurren Smokehouseの温製スモークサーモン

これは、クレア州リスドゥーンバーナにあるRoadside Tavernの名物料理です。「温製」スモークサーモンのほか、キャベツやケールとマッシュポテトでできた伝統的なアイルランド料理、コルカノンが特徴的です。

材料

バレン産オーガニックスモークサーモン、プレーン 28oz/800g

コルカノン:

粉ふきジャガイモ 1lb/500g

キャベツみじん切り 4カップ

春タマネギ 大きめのみじん切り 小さじ2杯

バターまたはマーガリン 小さじ2杯

温めた牛乳 2fl oz/50ml

味付けの塩コショウ

マスタードクリームソース:

粒マスタード 小さじ1杯

クリーム 1パイント/500ml

白ワイン 小さじ2杯

作り方

コルカノン: 塩入りの水で皮をむいたジャガイモを柔らかくなるまでゆで、水を切ります。キャベツとタマネギを約5分間ゆでます。水を切って、置いておきます。牛乳、バター、味付けの塩コショウを加えて、ジャガイモをすりつぶします。春タマネギとキャベツを加えます。

マスタードクリームソース: すべての材料を混ぜ、温かくなるまでゆっくりと加熱します。

温製オーガニックスモークサーモンを4つに切ります。175°Cまたは350°Fに熱せられたオーブンでサーモンを5分間焼きます。

コルカノンを皿に載せ、その上にサーモンをあしらいます。バレン産温製スモークサーモンに、マスタードクリームソースをかけます。(焼き野菜を添えてもいいでしょう)

食べる準備が整ったら、アイルランドのお祈りとともに、ごちそうに必要な最後のものはこちらです。

懐は暖かく、心は軽くありますように。毎日幸福でありますように。

アイルランドの祈り

聖パトリックについて詳しく知る

検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?