アイルランドのグルメ

Play

アイルランドの食は新鮮で味わい深く、現代的なひねりが効いています。フェスティバルで、トレイルで、あるいは人気のレストランの自慢の一皿で、アイルランドの食を体験してください。

以下に最適
  • 料理
  • フード&ドリンク
  • カルチャー
  • ショッピング
  • ファミリー
  • カップル
  • 主なアトラクション
    グルメ | フェスティバル | フード・トレイル | ファーマーズ・マーケット
  • 有名なもの
    アルチザン・キュイジーヌ | シーフード | 青果
  • ベストロケーション

    ゴールウェイ | ダブリン | ベルファスト | コーク | 北アイルランド

イルランドの食といえば、やはり一番最初のところから考えなければなりません。不純物のない自然の実りこそ、アイルランドがヨーロッパ有数のグルメの国と呼ばれるゆえんだからです。なかでもアルチザンチーズ、上質な牛肉とラム、採りたての海藻は見逃せない食材です。

緑の牧草、深い渓谷、豊富な水に囲まれた土壌も、ほかでは味わうことのできない卓抜した自然のフレーバーを生み出すのに一役買っています。美味なるスモークサーモン、想像を超える最高にクリーミーなバター。アイルランドの食は、原材料の生産者までたどれる点も自慢です。そしていずれも、収穫して作られたこの地で味わうのが一番だと言われています。

コラージュ写真・左上から時計回りに:Ox、ピルグリムス、カランズ、ローム、スティクス&ストーンズ、1826 アデア、アイルランド名産の新鮮な牡蠣(コーク)、コッピ、バレン・ストアハウス
ザ・ポーチャーズ・ポケット、ダウン県
ザ・ポーチャーズ・ポケット、ダウン県

近代的な調理法・伝統的な味

広大な自然の「食料貯蔵庫」に恵まれたアイルランドでは、屈指の創造力を誇るシェフたちが目の前にある素晴らしい食材をフル活用するのも当然でしょう。ウォーターフォード県のクリフ・ハウスのようなミシュランの星付き高級レストランでも、ダウン州のザ・ポーチャーズ・ポケットをはじめとする人気のガストロパブでも、メニューには地元食材がふんだんに使われています。

文字通り島中どこに行っても、アイルランドの食材がハーモニーを奏でる料理を味わうことができるのです。賑やかなカントリーハウス(コーク県のバリーマロー・ハウス)や、のんびりできるカフェ(キルケニー県のザ・ブラックベリー・カフェ)、都会のおしゃれスポット(ダブリンのザ・ウーレン・ミルズ、デリー~ロンドンデリーのウォールド・シティ・ブリュワリー)では、アイルランド人に愛される素朴でおいしい料理が堪能できます。

グレガンズ・キャッスル、クレア県
グレガンズ・キャッスル、クレア県

伝統の味わい

伝統料理がお好みなら、アイルランドには朝から晩まで幅広い選択肢があります。なかでも、観光の1日をアルスター・フライで始めるほど最高の選択肢はありません。ブラック・プディング、ホワイト・プディング、ベーコン、ソーセージ、トマト、ポテトファール(ポテトパン)のワンプレートディッシュです。

朝食が済んだら、ランチとディナーにさっそく思いを馳せましょう。お昼は、サーモンやタラの燻製がたっぷり入った、栄養満点のクリーミーなチャウダーとソーダブレッドで、爪先まで温まるのが名案。夜はアイルランド名物の牛肉料理が定番です。牧草を食べて育った牛は、絶品そのもの。

イングリッシュ・マーケット、コーク
イングリッシュ・マーケット、コーク

ファンタスティックなグルメ体験

作り手から一皿に至るまでの食の旅をたどるほど、おもしろいことはありません。ここアイルランドには、食にもっと深く関わるための機会がたくさんあります。コークのイングリッシュ・マーケット、ダブリンのテンプル・バー・フード・マーケット、ベルファストのセント・ジョージ・マーケットなど、並はずれた数々のマーケットを見るだけでも楽しめるはずです。

食材を自分で選び、魔法の一皿を作ってみたいという方は、ワーキングファームやこぢんまりした料理学校、フード・フェスティバルなどに参加してはいかがでしょうか。

その他のおすすめ

検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?

アイルランドについて詳しく知る

アイルランドについてお知りになりたいことがありますか?お気軽にお問い合わせください

ヘルプ&アドバイス