おっと...何かあったのか!?

私のアイルランド

インスピレーションをお探しですか?旅行を計画していますか?それとも自分自身を幸せにスクロールしたいですか?あなたにぴったりのアイルランドをご紹介します。

    アイルランドの魅力をご覧ください。

    アイルランドで持続可能な旅をする方法

    アイルランドの地を今後何世代にもわたって守っていくために、私たちが旅の前や途中、旅の後に、土地への負担を減らせる方法を学びましょう。

    出発前に

    アイルランドが島であるという事実から逃れることはできません。ですから、通常はアイルランド島まで飛行機や船での移動が必要になります。飛行機を利用する場合は可能な限り直行便を利用したり、エコノミークラスを利用する、旅行のピーク時を避けて旅行する、年間飛行マイル数を全体的に抑えるなどの方法で、移動による影響を最小限に抑えることができます。フェリーを利用する場合は、できるだけ混雑しない時間帯を選ぶようにましょう。

    荷物は、必要なものだけを持っていくようにしましょう。航空料金を節約できるだけでなく、飛行機の積載重量を減らすことが燃料使用量の節約にもつながります。そして、旅行中は、Leave No Trace(跡に何も残さない)を実践しましょう。コーヒーカップ、金属製のストロー、水筒、バッグ、洗面用具など、できるだけ再利用可能なものを持っていくようにしましょう。もちろんカメラもお忘れなく!

    宿泊施設は慎重に選びましょう。アイルランドには、非常に魅力的かつ他の宿泊施設と変わらぬほどの利便性を持つ環境に配慮した宿泊施設 がたくさんあります。最後に大事なことですが、出発する前に訪れる土地の歴史、文化、伝統、伝説などできるだけ多くのことを調べておくと、到着後にその世界にどっぷりと浸ることができます。

    変化なくして進歩は不可能であり、自分の考え方を変えられない人間は何も変えることできない

    ジョージ・バーナード・ショー

    ドニゴール郡ドニゴール空港

    アイルランドの海岸の風景

    Waterford Greenway, County Waterford Waterford Greenway, County Waterford

    ウォーターフォード郡ウォーターフォード・グリーンウェイ

    アイルランド滞在中

    アイルランドの都市部では公共交通機関が最も利用しやすい移動手段ですが、アイルランド島全体には地点間移動を可能にするバスや鉄道の交通網が広がっています。アイルランド交通局(TFI)を利用すると、事前にルートを計画することができます。アイルランドの公共交通機関はすべて地上輸送なので、移動中には景色を楽しむことができます。

    嬉しいことに、アイルランドの町や都市はどこも簡単に歩いて行ける場所にあります。町の散策に必要なのは履きなれた靴だけです。そして、新しい環境を心の底から理解できる最高の方法の1つが、自然の中に足を踏み出すこと。ですから、レンタカーを借りるよりも、サイクリングやウォーキングがお勧めです! オフロードサイクリングやウォーキング専用のトレイルであるアイルランド・グリーンウェイ北アイルランド・グリーンウェイでは、自転車や徒歩で自由に散策することができます。

    バス、路面電車、電車、自転車を利用したり歩くことで、二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができ、大気をクリーンに維持することができます。

      

    左から右:ロンドンデリー県ダウンヒル・ビーチ沿いを走る列車、アーマーの工芸品、キルケニー県ジャーポイント・パークの見学、ウォーターフォード県ウォーターフォードの美味しい郷土料理

    ローカルのように暮らす

    持続可能な生活のためにできる最善の方法の1つは、最もシンプルな方法の1つでもあります。さらに素晴らしいのは、例えば地元のものを食べるという簡単なことが、地球だけでなく自分にも嬉しいご褒美になるということです。アイルランドは素晴らしい食べ物と飲み物で有名な土地です。地元の企業やレストラン、ファーマーズマーケットを支援し、地元の地域社会に還元しましょう。また、観光と美味しい食べ物を組み合わせることも可能です。地元のガイドによるフードツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

    その土地のあらゆることに熟知していて、その地域の最も素晴らしいところをじっくり紹介してくれる地元のガイドを選ぶのが理想です。それ以外にも、どこを見て何をすべきかもアドバイスしてくれる最高の存在です。

    そして、自然環境を尊重する心を忘れないようにしましょう。すなわち、リデュース(ゴミ削減)、リユース(再使用)、リサイクル(再利用)の3つのRです。旅行で訪れるだけであっても、ゴミはリサイクル可能なゴミとグリーンなゴミに分別し、水やエネルギーの使用量を最小限に抑えましょう。

    もちろん、お土産もお忘れなきよう。アイルランドのアーティストたちは、ユニークで素晴らしい工芸品を制作しており、一生の旅の記念にもぴったりです。プラスチック製の雑貨よりもずっと趣深いですよ。

    左から右:グレンカー滝(ライトリム県)、ダンモアヘッド(ケリー県)、キルブローニー森林公園(ダウン県)、クロウハウター城(キャヴァン県)

    帰国後

    休暇後の気持ちの落ち着きは効果が高いということは私たちの誰もが知るところです。ですから、家に帰ったら、そのエネルギーを地球のためになる活動に注いでみてはいかがでしょうか。Go Carbon NeutralVitaSouth Poleなどのサイトでは、フライトや宿泊施設から交通機関まで、旅行中の二酸化炭素排出量を計算することができます。

    そして、森林再生活動を支援したり、発展途上国の人に効率性の高いストーブを購入したり、女性の健康や雇用機会を支援したりすることで、二酸化炭素排出量を相殺することができます。

    そして、アイデアを広く共有することが可能な現代では、アイルランドの旅のヒントをまとめて友人や家族と共有することは、持続可能な旅の輪を広げていくための素晴らしい方法です。