シャノンの秘密が明らかになる

6日間、アイルランドの民間伝承の壮大な物語にひたってください

Clonmacnoise, County Offaly
Driving Driving
246
6 日間

古代の居留地、歴史的な城や素晴らしい邸宅を旅し、「生命の水」の源泉に通じる息を呑むような山道を訪れてください。

アイルランドにある城の激動の過去と素晴しい輝きを探索し、戦いに明け暮れた君主、教養高い貴婦人たち、囚われた革命家たちがアイルランドの風景に名残をとどめる物語に浸ってください。シャノン空港から出発し、ティペラリー、キルケニー、リーシュ、オファリー、ウェストミース、キルデアを訪れます。

シャノン空港からアイルランドいにしえの東部へ

静かな水

ノルマンの城、初期のキリスト教会、数千年にわたり形作られた地形。足をのばすと騒々しさと穏やかさが同じくらい堪能できます。

A driving
グレン・オブ・アハーロウ

グレン・オブ・アハーロウへ

緑がひろがるグレン・オブ・アハーロウを見渡すと、この地が「2つの高地の間」を意味する「eathralach」というアイルランドの言葉を由来としている理由がわかります。 スライヴナマクとギャルティ山脈の間に挟まれたこの地に広がる森、清流、パッチワークのような青々とした畑は、息を呑むような美しさです。 1,000年前、この地をバイキングが暴れまわっていたとは、想像し難いものがあります。

時間にゆとりがあれば

ゴールチー山地に囲まれた、家族経営のアハーロウ・ハウス・ホテルは、目の覚めるような美しいティペラリー北部にあり、美味しい食事とアフタヌーンティーを提供しています。 お腹はすいていませんか? ガルバリーのヒルクレスト・エクエストリアン・センターでは馬に乗って、グレン・オブ・アハーロウを探索しましょう。 馬上の幸せ。

B
Holy Cross Abbey

いにしえの時代の修道僧が歩いた足跡をたどる

ティペラリー州にある中世の村ホーリークロス。その目を見張るほど美しい景色のただなかに建つ、シトー会派修道院ホーリークロスアビーは、マンスター王ドーナル・モール・オブリエンが1182年に建立したものです。この修道院の名前は、1233年頃にアングレームのイザベラ女王に授与された遺物「真の十字架」に由来しています。この地を訪れた際には、修道院の他の見所もお見逃しなく。その昔、修道僧が告解を聞く際に用いたウィスパリングアーチ(アーチに彫られた浅い溝を伝って反対側のささやきが聞こえる)や、800年の歴史を持つアイルランド最古の教会の鐘「マイケル」などがあります。

時間にゆとりがあれば

また、中世の街フェザードで行われているフェザード・ホース・カントリー・エクスペリエンスにも足をお運びください。

ロック・オン

悪魔の口やキリスト教から、魔女の魂の物語に呪われた中世都市まで。

C driving 55分
ロック・オブ・キャシェル

王座

ティペラリーのゴールデンヴェイルの中心に悪魔が落ちてきたと伝えられるロック・オブ・キャシェルの不吉な歴史が、ゴシック様式の大聖堂、円塔、15世紀の城に底流し、現在も姿を現します。 稲妻が襲いかかったり、人々が虐殺されたり、聖パトリックがマンスター王をキリスト教に改宗させましたが、そのとき誤って刺してしまったのが、この地です。 この地を訪れると、普通の岩ではないことがわかるでしょう。

祝祭の時期にお越しください

ロック・オブ・キャッスルの麓にある伝統的なアイルランド音楽センターブルー・ボル(Bru Boru)では、1年を通して、特に夏の夜はほとんどの日にコンサートが開催されています。 空腹だったら、ブロッカ・オン・ザ・ウォーター(Brocka on the Water)に向かいましょう。 オーガニックガーデンがある、この居心地の良い家族経営のレストランはティペラリーの誇りです。 自家製チャツネを添えた地元のクーレネー(Cooleeney)チーズのコロッケは絶品です。

D
キルケニー城

川沿いの城

わずか50ポンドで購入された12世紀の城...キルケニーのみ。 この都市の有名なノルマン城は、第6代オーモンド公が1967年にキルケニー市に50ポンドで提供するまで、ほぼ6世紀にわたりオーモンド公爵家の住居でした。 ツアーでは、色鮮やかな彩色の絵画展示室や図書室の隅々まで巡ります。 訪問中に市のミディーバル・マイルの誇りである、スミスウィックス・エクスペリエンス、ロース・ハウス、聖カニス大聖堂はもちろん、上質なアイルランドの工芸品やデザインの宝庫キルケニー・デザイン・センター(カフェは美味しい料理で有名)も訪ねるのをお忘れなく。

城の栄光

世界で最も幽霊の多い城を体験する勇気はありますか? オファリー州にあるリバイアサンの家を訪れる前に、この恐ろしい場所に行ってみてください。

E driving 15分
リープ城

リープ城

リープ城では最初の石が敷かれる前に、流血がありました。 事実、この敷地は多くの戦い、流血と残虐行為がくり広げられ、世界で最も幽霊が出る城の一つに数えられています。 そこには「石落とし(The Murder Hole)」や「血のチャペル(The Bloody Chapel)」があり、ホールをさまよう亡霊「レッドレディー(Red Lady)」があなたの到着を待ちわびています。 しかし、心配しないでください。短剣を持った女性がそばに来れば、あなたはその気配に気づくはず。部屋が突然寒くなり、冷気が体の芯まで染み渡ることでしょう。 それが警告です! ミュージシャンのショーン・ライヤンが主催するツアーは、1年中予約が絶えることがありません。

F
ビル観測所

アトラクションを始めましょう

「リヴァイアサン」のふるさとビル・キャッスル(Birr Castle)では雰囲気が変わります。 1840年代初頭、第3代ロス伯爵は世界最大の望遠鏡を設計し、世界中からの訪問者を驚かせました。 その望遠鏡は今でも使われていて、受賞歴のある庭園を伴った広大な敷地の中心に設置されています。 お急ぎでなければ、おしゃれなコートヤード・カフェが空腹を満たしてくれます

時間にゆとりがあれば

フェアリーアベニューに住む14の妖精と一緒に、ラフ・ボーラ・ディスカバリ・パークと魅力的なフェアリー・トレイルで、自然あふれるアイルランドを散策してください。 町の外れのザ・サッチにあるファイヤーサイド近くでは、伝統的なパブで美味しい食事をお楽しみください。

シャノン巡礼

世界で最も聖なるアイルランド教会の敷地やアイルランド最後の国王の永眠の地で、歴史の流れを感じてください。

G driving 30分
クロンマクノイズ

高貴な王の最後

セント・キアランとディアマイト・マック・セルベールが6世紀にシャノン川のほとりで出会った時、ふたりとも、クロンマクノイズがヨーロッパにおける宗教と学問の中心になるとは予測できませんでした。 残念なことに、キアランはスピリチュアルスポットが主催する大聖堂、教会、円塔、十字架を見ることなく他界しました。 緑が生い茂る風景は、シャノン川のほとりにあるクロンマクノイズへと視線を誘います。初期の聖人や、アイルランドの最後の高貴な王ロリー・オコナーなど古代の王たちが、中世の学問を学んだ者としてその痕跡が残っています。 

時間にゆとりがあれば

バイキング・ツアーでボートの旅をしましょう。ウォーターサイドからクロンマクノイズを見ると、言葉では表せない驚きがあるでしょう。

H
アスローン城

西への玄関口

ウェストミース州とロスコモン州にまたがるアスローンに入り、はじめて目にするのは、シャノン川のほとりにあるアスローン城の大きな岩です。 展示室はマルチメディアや複数の感覚を刺激する体験が満載です。10日間にわたり猛烈な攻撃が続いた、1691年のアスローン包囲戦の360度のパノラマ映像などがあります。 アスローン以外にもドラム・ヘリテージ・センターがあり、文学作品、移民の手紙、ドラムにつながるすべての主な旧道を示した巨大な地図など、ゆかりの品々が展示されています。

時間にゆとりがあれば

城から通りを横切ると、アイルランドのみならず、おそらく世界最古のパブの一つ、ショーンズ・バー(Sean's Bar)があります。 雰囲気とギネスの世界記録についてはどこにも負けません!

命の水

「ウイスキーは液体の日光である」—ノーベル賞受賞アイルランド人作家ジョージ・バーナードショウの言葉です。 穀物の状態からボトル詰めまでを観察するのは、あなたの番です。

I driving 15分
キルベガン・ウイスキー

ウイスキーが流れる所

冒険心がまだまだ旺盛ならば、キルベガンにあるアイルランド最古の許可を受けたウイスキー蒸留所の一つに行きましょう。 1757年に始まったツアーに参加し、素晴らしい飲み物を試飲しましょう。 商売の秘訣を発見し、蒸留所が本当にジョン・マクマナス(1798年に処刑されても決してこの地を立ち去ることがなかったアイルランド人)の幽霊にとりつかれているか調べるために予約しましょう。

J driving 40分
タラモアD.E.W.

広口瓶のウイスキー

タラモアD.E.W.ビジターセンターでは、蒸留所のオーナーになった少年の物語をご覧ください。 ダニエル・E・ウィリアムズにちなんで名付けた蒸留所のビジターセンターが、ウイスキー製造の各工程をご案内します。また、ご自分だけのブレンド「命の水(uisce beatha)」作りのチャンスもあります。

時間にゆとりがあれば

オファリー州のタラモアのザ・ブルー・エプロンでは、子羊の肩肉からプルドポークまで地元の美味しい食材を提供しています。

K
ロック・オブ・デュナメーズ

莫大な持参金

廃墟の城を頂く石灰質の堂々たる露出岩である、リーシュ州のロック・オブ・デュナメーズ(Rock of Dunamase)は、キリスト教徒の避難所からバイキングの標的、そしてアングロノルマンの要塞へと変化しました。 しかしこの城は、結婚式のプレゼントとして有名かもしれません...1172年にレインスター王の娘イーファ・ルーアと結婚したとき、莫大な持参金の一部として、ノルマン卿ストロングボウに贈られました。 現在でも、イーファが当時目にした敷地はほとんど変わっていません。

時間にゆとりがあれば

エモ・コートの静けさが、1798年の反乱と独立戦争の叫び声によって中断された時があったとは、想像し難いかもしれません。 伯爵が亡くなってから長い歳月が経ちますが、その遺産はこの栄光ある地に残っています。 バリーブリッタスの「フィッシャーマンズ・サッチト・イン(The Fisherman's Thatched Inn)」を訪れ、音楽、料理、飲み物で素敵な夜をお楽しみください。

荘厳な馬小屋

キルデアの栄光に満ちた騎手の物語や、半年間の家賃のためにダブリンから240頭の馬を持ち帰る必要があった裕福な紳士の物語を明らかにする。

L driving 10分
ナショナルスタッド

伝説の系譜

ウィリアム・ホール・ウォーカー大佐が1900年にキルデア郡のタリーで種馬飼育場を設立したとき、奇抜な方法を採用しました。新しく生まれた子馬の星占いをして、その星座が気に入らなかったら、血統や体格に関係なくすぐに売り払いました。 そして、ウォーカー大佐は当時、最も成功した競走馬のブリーダーになりました! 今日、アイリッシュ・ナショナルスタッドは、優勝できるサラブレッドの育て方に少し違ったアプローチをとっています。世界で3番目の規模のサラブレッドのブリーダーとなり、博物館では、アイルランドの馬との世紀の愛情物語が繰り広げられています。ちなみに、史上最高の障害競走馬アークルの骨格も展示されています。 隣には美しい日本庭園とサン・フィアッラ庭園があり、皆様をお待ちしています。

時間にゆとりがあれば

キルダレ村に寄り道。ほとんどのデザイナーラベルが60%オフになっているデザイナー・アウトレット・ショッピングセンター。 または、アイルランド唯一の国際レース場であるナースのモンデッロパークでトラック・デー・ドライビング(track day driving)を体験してください。

M driving 40分
カラ競馬場

ゴールに向かって

午前中、早めに有名なカラ競馬場を訪れ、青々とした平らな草原にサラブレッドが数マイルにわたり長い列をなしてトレーニングをしている光景を目の当たりにしてください。 この地では数千年にわたって競馬が行われていて、アイルランド最古のフラットレースの伝統的なダービー、アイリッシュダービー(7月)などのレースに合わせて旅行を計画し、5000エーカーに渡り疾走する美しい馬たちをご覧ください。 次に、この地域の軍事史を展示するカラ軍事博物館を訪れてみましょう。当時、この地は1686年にジャコバイト陣営とその軍馬のために使用されていました。

時間にゆとりがあれば

オードリー・ヘップバーン、マリリン・モンロー、マイケル・ジャクソンをはじめとするスターの魅力を展示する博物館ニューブリッジ・シルバー・ミュージアム・オブ・スタイル・アイコンズには、輝きと華やかさが満ちています。

N
キャッスルタウン・ハウス

楽しい我が家

アイルランド初かつ最大のパラディオ様式の邸宅は、キルデアにあるルネサンスの影響を受けた住居で、ぜひ見ていただきたいスポットです。 美しい川沿いの歩道や開けた庭園を誇る敷地で、邸宅の左右両側には、豪奢な翼棟が配置されています。 この邸宅の建築家、ウィリアム・コノリーは、アイルランドのウィリアマイト戦争(1688-1691)の最中、胡散臭い取引に関与し、巨万の富を手にしました。 コノリーが亡くなったとき、彼は島で最も裕福な人物であり、驚くべきことに10万エーカーの土地を所有していました。 そしてその土地の中心に、キャッスルタウン・ハウスが建っていたのです。 素敵な夜をお過ごしください キャッスル・ラウンド・ハウスは、同じ名称である大邸宅の3カ所の門番所の1つとして建てられました。この18世紀に建設された魅力的な宿泊施設は、贅沢なひとときをお望みの方に最適です。

時間にゆとりがあれば

目が覚めたら、ダブリン市の都市中心部を訪問したり、アイルランドいにしえの東部をもっと探索してください。

おすすめの旅のプランであり、参考としてご利用ください。

検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?