アイルランド情報:アイルランドの祝祭日

アイルランド島での祝祭日は大きなお祝いを意味しますが、単にリラックスするための機会を提供してくれるものもあります。以下は知っておくべき情報です。

元日

2017年1月1日

元旦は非常に静かです。ほとんどの店やパブは休業します。パブは、営業する場合には通常より遅く開店し、早く閉店します。公共交通機関は限られたスケジュールで運行します。

セント・パトリック・デー(祝祭日)

2017年3月17日

セント・パトリック・デーには、アイルランド中がパーティの雰囲気に包まれます。パブは非常に混雑するでしょう。店は通常より早く閉店するか、休業となりますが、都市中心部では一部の店舗は営業している可能性があります。公共交通機関はパレードのためスケジュールが変更となるか、祝祭日のため、限られた運行ダイヤとなります。

グッドフライデー

2017年4月14日

グッドフライデーは、アイルランドの公式な祝祭日ではありませんが、学校と一部の会社は休みとなり、すべてのパブが休業となります。国内で、グッドフライデーにお酒を購入することはできません。ホテルの滞在者は、ホテルのバーでお酒を飲むことが許可されています。北アイルランドでは、パブは午後5時から午後11時の間のみお酒を販売することができ、オフライセンスの店は通常営業です。小さな町や村内の店は閉店しますが、都市中心部のより多くの企業が営業するようになってきました。

イースターマンデー

2017年4月17日

パブや店は、通常より遅く開店し早く閉店するか、休業となります。大都市では、小さな町に比べて多くの場所が営業するようになっています。公共交通機関は、場所により異なる場合があります。ほとんどの場所では休日ダイヤでの運行となりますが、事前に確認すると安心です。

ボイン川の戦い記念日

2017年7月12日 – 北アイルランドのみ

この日は北アイルランドのみの祝祭日で、ほとんどの会社は休業となります。ただし、都市中心部では多くの場所が営業するようになっています。

アイルランドの祝祭日(銀行休業日)

2017年5月1日、6月5日、8月7日、10月30日

5月から10月にかけて、ハロウィンを含むいくつかの祝祭日があります。これらの日には銀行はすべて休業します。多くの場合、都市部の店やパブは営業していますが、小さい町や村は静かになります。公共交通機関は、制限されたスケジュールまたは休日ダイヤで運行します。これはこの国の地域によって異なるため、事前に確認すると安心です。

北アイルランドの祝祭日(銀行休業日)

2017年5月1日、5月29日、8月28日

この日、銀行はすべて休業します。多くの場合、都市部の店やパブは営業していますが、小さい町や村は静かになります。公共交通機関は、制限されたスケジュールまたは休日ダイヤで運行します。これはこの国の地域によって異なるため、事前に確認すると安心です。

クリスマス

2017年12月25日

クリスマスの日には、ほとんどどこも休業となります。公共交通機関は運行しませんが、タクシーまたはハックニーキャブを予約できる場合があります。

セント・スティーブンス・デー(アイルランド)ボクシングデー(北アイルランド)

2017年12月26日

大都市では、ポストクリスマス商戦の開始日ですが、小さな町では、ほとんどの店は引き続き休業しています。パブは営業し、公共交通機関は限られたスケジュールで運行します。

検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索

アイルランドについて詳しく知る

アイルランドについてお知りになりたいことがありますか?お気軽にお問い合わせください

ヘルプ&アドバイス
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?