スケリッグ・マイケルのスター・パワー

Play

遠い昔、スケリッグ・マイケルがスター・ウォーズのロケ地となる前、この離島には敬虔な修道士たちが静かに暮らしていました。

Sunburst on Skellig Michael
Sunburst on Skellig Michael

れは、大西洋の真ん中に白昼夢のごとく浮かんでいます。この世のものとは思えない島、そしてアイルランドのワイルド・アトランティック・ウェイの星。1000年以上前に修道士の棲家となっていたスケリッグ・マイケルには、忍耐、厳しい暮らし、建築の芸術性など逆境を乗り越える逸話が多く、想像力を掻き立てられます。

スケリッグ・マイケルが現実離れしていると感じるのであれば、それはまさに、その通りの島だからです。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のロケ地に選ばれたのにもうなずけます。

海からその姿を現すにつれ、このユネスコ世界遺産の現実離れした姿が明らかになります。船より他に足はなく、荒々しい自然に晒され、住まうものはおびただしい数の海鳥だけ(スケリッグ・マイケルとその姉妹島リトル・スケリッグは海鳥の生息地として有名です)。スケリッグ・マイケルは、まるで人跡未踏の地。劇作家ジョージ・バーナード・ショーをして「この世のものとは思えない、信じがたい、正気でない場所、夢の世界の一部」と言わしめた地。

聖なる地

しかし、6世紀には、修道士の小集団がこの地で暮らしてました。彼らの芸術、創造、発明の才の跡を今も見ることができます。ここに建てられた教会の小窓は隣のリトル・スケリッグがちょうど臨める位置にあり、太陽に温められた修道院村は周囲を取り巻く風、広大な海と空からしっかりと守られているように感じられます。

この島へ行くには、何世紀も前の修道士と同じく、自然と折り合いをつける必要があります。島に渡れる季節は限られ(通常夏から秋)、天候にも左右されます。訪問者数にも制限があるため、事前に予約することをお勧めします。そしてもちろん、しっかりとした靴もお忘れなく...

修道院村へと続くおよそ600段の階段を登ると、息をのむような景色が広がります。ただし、気弱な方はご遠慮ください。高所恐怖症の方は高さ218メートル(

スター・ウォーズ/フォースの覚醒)の頂上をほんの少し高すぎると感じるかもしれません。また、体の不自由な方にもお勧めしません。

しかし、その挑戦を受けて立つ人々は、近代社会の影響を受けていないこの純然たる静けさを体験できるでしょう。かかる美に囲まれて生きるしかないこの場所を選んだいにしえの修道士たちの不屈の精神には驚くばかりです。急にスケリッグ・マイケルが意味を成し始めます。

検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索

アイルランドについて詳しく知る

アイルランドについてお知りになりたいことがありますか?お気軽にお問い合わせください

ヘルプ&アドバイス
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?