スター・ウォーズが ケリー県にやって来た

『スター・ウォーズ/スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の撮影場所であるアイルランドのポートマギー村での撮影裏話

Portmagee, County Kerry

ートマギーは、アイルランドのワイルド・アトランティック・ウェイ沿いの美しさを体験できる美しい村です。しかし、そこに世界最大の映画製作クルーの1つが訪れるとは思いもしないでしょう。2014年、スケリッグ・マイケルのミステリアスな美に導かれ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がこの村にやってきたのです…

まもなくポートマギーは、ルーク・スカイウォーカーがザ・ブリッジ・バー(The Bridge Bar)のキアラン・ケリーからビールの注ぎ方を学ぶ場所となりました。スター・ウォーズ撮影の打ち上げが開かれたのもここでした。デイジー・リドリーやマーク・ハミルは、地元っ子たち(そして数人の幸運なツーリストも!)に交じり、伝統的なアイリッシュ・ミュージック・セッションを楽しみました。また、キャストやクルーがザ・ムアリングズの美味しい食事に舌鼓を打ったのもここでした。

マーク・ハミルは本当に楽しそうでした。甥と姪が歌とダンスを披露すると、マークもデイジーも熱心に聴き入り、惜しみなく拍手を贈ってくれました。

ヴィンセント・オキーフ(ザ・ムアリングズ)

ポートマギー出身のビンセント・オキーフは、それは、非現実的な体験だったと語っています。彼は妹からの突然の電話で、自分が生まれ育ったザ・ムアリングズ・ゲストハウス(The Moorings guesthouse)の2階の居間が制作事務所となる予定だと知ったのでした。ジェラルド&パトリシア・ケネディが経営する温かくフレンドリーな宿ザ・ムアリングズが、スター・ウォーズ撮影の企画室となったのです。スター・ウォーズがケリー県にやってきたときの様子を知りたい方は、ぜひここを訪れてください。

非日常的な世界

この静かな村にたたずんでいると、スター・ウォーズがこの地に到来したとはにわかに信じられません。しかし、ここはまさに撮影の中心地でした。B&Bは製作クルーで溢れ、地元のシェルパは荷物を担いでスケリッグ・マイケルを登り、ショーニー・マーフィをはじめとする船頭は機材を島へ運び、クルーを安全に島へ渡しました。

最終日、船のスピーカーでスター・ウォーズの音楽を流しました。キャストやクルーたちはとても喜んでくれました。

ケン・ミネハン中佐、アイルランド海軍

撮影には、アイルランド海軍も出動しました。ケン・ミネハン中佐とそのクルーが、悪天候でスケリッグ・マイケルに残された人々を救助に来たのです。島からポートマギーまでの間、マーク・ハミル、JJエイブラムス、デイジー・リードリーは、軍艦上で紅茶とビスケットのもてなしを受け、ミネハン中佐によるとスター・ウォーズの大ファンだというクルーたちは大いに喜んだということです。

ワイルド・アトランティック・ウェイの魅力

この地域の美しさも、ビッグ・スターたちに負けていません。車で少し行った美しいウォーターヴィルの村にあるバトラー・アームズ・ホテル(Butler Arms Hotel)は、デイジー・リドリーとマーク・ハミルがとても気に入った宿泊場所でした。「ご滞在いただいて光栄でした」と、ルイーズ・ハガードは語ります。「お2人は当ホテルを気に入ってくださり、最高の天気に恵まれました。」

ホテルの食事も気に入ったようです...The Ivyよりも美味しいとまで言っていました。

ルイーズ・ハガード、バトラー・アームズ・ホテル

ケリーでの温かいもてなしは、少なからず2人の胸に響いたようで、「まるで我が家にいるようでした」というメモがバトラー・アームズに残されていました。しかし、途方もなく美しいケリーの景観も感銘を与えたようです。ルイーズはこう語ります。「お帰りになった後、デイジーからお電話をいただいて、彼女が泊まった部屋からの眺めを写真に撮って欲しいと頼まれたんです。」

なんと素晴らしいケリー土産でしょう。

デイジーとマークは

スター・ウォーズ/最後のジェダイの撮影のために、監督ライアンジョンソンと共にスケリッグ島にってきました。そして今回は更に足を延ばしました。キャストとクルーが訪れた場所をご覧ください... 
検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索

アイルランドについて詳しく知る

アイルランドについてお知りになりたいことがありますか?お気軽にお問い合わせください

ヘルプ&アドバイス
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?