『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界に足を踏み入れる準備はできましたか?

Play
Cushendun Caves

スタークのように剣を振るい、恐れを知らないダイアウルフ(大狼)と接してみたいですか?こちらへどうぞ...

いを定め、弓の腕を試してみませんか。ウィンターフェル城として登場したキャッスル・ウォードで、アリアと同じくらい弓の覚えがいいか、ブランと同じくらい飲み込みが悪いか、スキルを試してください。開いた口が塞がらないほど素晴らしい風景を称賛するために『ゲーム・オブ・スローンズ』のファンである必要はありませんが、ファンの方にとっては興奮の連続になること間違いなしです。

この奇妙な18世紀の邸宅では、ゴシック建築と古典建築の不調和をご覧いただけます。この邸宅がウィンターフェル城に選ばれた理由は一目瞭然です。ロブとジョンが初めて弓に弦を張る方法をブランに教えたまさにあの場所に立ち、慎重に狙いを定めてください。アーチェリーのエキスパートがコツを教えてくれますので、何も心配いりません。

トリーモア・フォレスト・パークを散策
トリーモア・フォレスト・パークを散策

王のための宴

関係が崩壊し、何人もの首が文字通り斬られ始める前に、スターク家がロバート・バラシオンに敬意を表して催した宴を覚えていらっしゃいますか?あの宴を追体験してみませんか。北門でお城のエキスパートが出迎え、武器庫へとご案内します。ここで適切な衣装を身に付けていただき、その後、他の方と一緒に豚のローストやウィンターフェルの上質なビールなどのお食事をお召し上がりください。余興のないパーティーなんて聞いたことがないですよね?生演奏に加え、再現シーンや、たのしい会話など、充実した時間をお楽しみいただけます。

キャッスル・ウォードは、盛大な食事をお楽しみいただける唯一の場所です。ダウン県ストラングフォードにあるThe Cuanは、キャッスル・ウォードでの撮影期間中、『ゲーム・オブ・スローンズ』のキャストが宿泊した施設です。王の宴のお席をぜひご予約ください。運がよければスタークが宿泊していたお部屋に泊まれるかもしれません。

もう少し気軽に参加できるイベントをお探しの方にはバリーギャリー・キャッスル・ホテルで行われる『ゲーム・オブ・スローンズ』アフタヌーン・ティーがおすすめです。ほっぺたが落ちるほどおいしいジョン・スノウ・ケーキやバラシオン・ブレッドはもちろん、小さなドラゴンの卵にさえ食欲をそそられるはずです!

キャッスル・ウォードのダイアウルフ
キャッスル・ウォードのダイアウルフ

「子は5匹います。スターク家の子は5人」ジョン・スノウはネッド・スタークにこう言いました。次はあなたの番です。ダイアウルフ(大狼)に会いにいきましょう。この巨大な獣は実はオオカミでなく、イングランド原産の犬種ノーザン・イヌイット・ドッグです。ノルウェーの戦神にちなんで名付けられたオーディンとトールはキャッスル・ウォードで生活しています。心配ありません。オーディンとトールは敵か味方かを判断できるので、スターク家の代理メンバーである皆さんを傷つけることはありません!

きらびやかな装飾品

ダイアウルフ(大狼)とお別れ後は、王室の装飾品の見学をお楽しみいただきます。タイウィン・ラニスターは、「自ら王だと主張する者は真の王ではない」と言いました。では素晴らしい王冠はどうでしょうか?それは見ればわかります。

ジョフリーの王冠の制作
ジョフリーの王冠の制作

住み込みの金細工職人がジョフリー王と王妃マージェリーが付けた王冠の制作を手掛けたThe Steensonsに足を延ばしてみましょう。The Steensonsは、ラニスター家の細部にまでこだわったライオンのペンダントやデナーリスのドラゴンのブローチなど、他にも幻想的なアクセサリーの制作を手掛けています。The Steensonsのギャラリーで、劇中使用されたアクセサリーのレプリカを鑑賞し、そしてご期待ください。まもなく『ゲーム・オブ・スローンズ』からインスピレーションを得たコレクションが発表になります...

Dark Hedges, County Antrim

幽霊の森

「目に見えていることが正しいとは限らない。悪に見えるものの多くが善であることがある」 - これはジョージ・R.R. マーティンの言葉です。とはいうものの、獰猛な野人やホワイトウォーカーの住処で一夜を過ごすほどの勇気はありますか?あるとお答えになった方には、トリーモア・フォレスト・パークの快適なポッド小屋での豪華なキャンプをお勧めします。カヤックやマウンテンバイクでオフロードを楽しんだり、橋、洞窟、外来種の木々の中を散策できます。ただし周囲には警戒してください。幽霊の森では誰かが見ているかもしれません。

「振り返ったら道を見失ってしまう。」

デナーリス・ターガリエン

もちろん、ウィンターフェルまたはウェスタロスをガイド付きツアーで回っている場合は心配ありません。『ゲーム・オブ・スローンズ』の出演者がロケ地まで運んだバスに乗って、美しい北アイルランドのロケ地を巡ってみませんか?黒の城(カースル・ブラック)を通り過ぎる際には、ゾクゾク感を体験し、王の道に沿ってさらに進んでみましょう。その後、シオンが鉄諸島に戻った際に到着したバリントイ港に足を延ばしましょう。

Collage

ジョン・スノウがかつて言った通り、別々の道が同じ城につながっていることがあります…『ゲーム・オブ・スローンズ』のロケ地巡りとジャイアンツ・コーズウェイのツアーがひとつになった日帰り旅行や、『ゲーム・オブ・スローンズ』旅行プランに参加し、熱狂的なファンが愛してやまないロケ地すべてを巡り、ドラマの世界をお楽しみください。ストームランドやストームランドの荒涼な土地に足を踏み入れる勇気がありますか?4億年の歴史を持つクーシェンダンの洞窟やストームズエンド(崖の下に沿って歩いていくとさらに人目に付かない奥地につながるキャリック・ア・リード吊り橋に行くことができます)をはじめ、たくさんの名所を巡ってみませんか。

自分で見て回りたいが、旅行プランを参考にしたい方には、コーズウェイ沿岸と渓谷を巡る3日間の『ゲーム・オブ・スローンズ』旅行プランがぴったりです。マップを持って、冒険の旅に出かけましょう。

もっとプライベートな体験をしたい方には、ベルファストのブラックキャブによる150マイル(約241km)の往復タクシーツアーがおすすめです。ブラックキャブで『ゲーム・オブ・スローンズ』のロケ地を訪れ、ドラマの世界を近くに感じましょう。

ロブ、タイウィン、ダイアウルフ(大狼)が辿った道をサイクリング…
ロブ、タイウィン、ダイアウルフ(大狼)が辿った道をサイクリング…

ポッド小屋はすごく素敵でした。木々の中に佇む幻想的な施設だけでなく、きめ細やかなサービスにも大満足です!

イーマ(トリップアドバイザー)

ナロー・シー(狭い海)を満喫

「やがてあなたは海をわたり父の王位を取り戻す。」ヴィセーリス・ターガリエンはこの言葉を聞いた後、彼が強く手に入れたいと願っていた王冠によって殺されました。ナロー・シー(狭い海)をわたりながら、この瞬間に思いを馳せてください。

Boat Tour at Winterfell

スターク家の旗を風になびかせ、ボートでストラングフォード・ラフに出て、ウィンターフェル城から双子(ツインズ)城、ロブ・スタークのキャンプまで、ウェスタロスの海岸沿いにある不思議を水上から眺めてみましょう。これらはまさに、タースのブライエニーが七王国の首都キングズ・ランディングに向かう途中のジェイミー・ラニスターをカヌーで連れてきた場所です。

『ゲーム・オブ・スローンズ』のシー・サファリは、バリントイ港、マーロー湾など、ウェスタロスの海岸線を楽しむもうひとつの方法です。ツアー途中の海岸線では、船長がドラマシリーズの背景として撮影された崖をご紹介します。

キャッスル・ウォード(ダウン県)
キャッスル・ウォード(ダウン県)

陸地に戻り、『ゲーム・オブ・スローンズ』のマップを持って、マントを纏ったら、自転車に乗り、ロブ・スターク、タイウィン・ラニスター、ダイアウルフ(大狼)のトレイルに沿って走るサイクリングに出かけましょう。ロブ・スタークのトレイルでは、ロブが、ジェイミー・ラニスターを人質としてかくまっていたオードリーズ城とフィールドを見ることができます。タイウィンのトレイルの見所は、父が処刑された後、アリア・スタークが激化する暴動から逃れようとしたベイラー戦場が含まれます。ダイアウルフ(大狼)の子のトレイルを追加すれば、ナイツ・ウォッチ(冥夜の守人)が残忍な最期を迎えた幽霊の森の深いクレーターを見学できます。どのトレイルを進むかは、あなた次第です!

各種アクティビティ
各種アクティビティ

ティリオンのように歩きながら口笛を

七王国での移動のほとんどが歩きです。王の道を必死に歩いたアリアとハウンドや、夢に現れブランを悩ませる三つ目の鴉を探すブランに思いを馳せてみましょう。ダブリンやベルファストからのバスから降りたら、ドラマの中でキャラクターが歩んだ道をご自身の足で歩いてウィンターフェルを散策しましょう。

この4マイル(約6.4km)のトレッキングに参加される場合は、必ずハイキング用の靴を準備してください。スターク家のマントと鎧下を着用し、ご自身の手で巨大な剣の重さを感じれば、壮大な旅へと出発できます。

HBO®のGame of Thrones®とその他関連する商標は、Home Box Office, Inc.の所有物です。使用許諾の下に使用されています。

物語の旅はまだまだ続きます

Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?