ギネスの門を越えて

伝説的なビール醸造所の歴史にまつわる3つの物語を味わってください

The Guinness Storehouse, Dublin

ああ、黒いアレ(ギネスビール)! 世界中で大人気のギネスビールは、ダブリンからニューヨーク、東京、リオデジャネイロまで至る所で飲まれています。しかし実は、このビールはアイルランドいにしえの東部で生まれたものです…

1 すべてが始まった場所

ギネスの物語が、伝説的なダブリンのセント・ジェイムズ・ゲート醸造所で始まったと考えてしまっても仕方ありません。しかし、本当の物語が始まったのはキルデア州のこじんまりとしたセルブリッジ村でした。18世紀にアイルランド国教会カシェル大主教のアーサー・プライス家の地下室で、アーサー・ギネスが美味なビールの醸造を始めました。アーサーズ・ウェイ・ヘリテージ・トレイルを歩き、この場所やギネスの伝説を担った他の場所を探してください。このトレイルは、リークスリップ、セルブリッジ、ヘイゼルハッチ、リヨンズ・エステイトを通って、オウタラードまで続きます。ここはアーサー・ギネスの永眠の地となりました。

2 新たな制度のアイデアを与える

1950年代にギネス醸造所の社長だったヒュー・ビーヴァー卿は、ウェックスフォード州のスレーニー川沿いで行われていた狩猟大会に出かけました。キャッスルブリッジ・ハウスでの豪華な夕食の場で一同は、ヨーロッパで最も速く飛べる鳥を決められずにいました。議論は長時間にわたり、そこにいた全員の見解が異なっていましたが、決定的な答えを持っていたものは誰1人としていませんでした。ヒューは数年後にこの議論を思い返し、どうしてこのような情報すべてがアクセスしやすい場所に保管されていないのかと考えました。こうして、「ギネス世界記録」のアイデアが生まれたのです! そして1954年以来、ギネスブックは世界中のパブや夕食での議論や喧嘩を収めてきました。

3 川ができるほど泣かないで - 湖に水を注ぎましょう!

ウィックロー山地の上方には、非情に珍しい湖があります。山に分け入り、霧が立ち込める小道を登っていくと、まるでお気に入りのパブから直接生ビールを注いだかのような湖が広がっています。別名ギネス湖とも呼ばれるロッホ・テイは、まるで黒ビールのように見えるという不思議な特徴を持っています。黒い水と砂浜の組み合わせが、思わず飲んでみたくなるような理想的なグラスビールのように見えるのです。

検索条件に一致する結果がありません

フライトまたはフェリーが必要ですか?

船でも飛行機でも、ここで最適なルートを検索してください

フライト検索
フェリーの検索
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?