ダブリンの街:見る、する、経験する

バイキングが築いたユネスコ文学都市、世界で最も人なつこい地元っ子たちが伝統的なパブに集う街へようこそ

以下に最適
  • カップル
  • カルチャー
  • フード&ドリンク
  • 歴史
  • 文学
  • 音楽
  • 観光
  • 主なアトラクション

    ギネス・ストアハウス | ダブリン城 | トリニティ・カレッジ | フェニックス・パーク | キルメイナム刑務所 | 国立美術館 

  • 有名なもの

    グルメ | 伝統的なパブ | ユネスコ文学都市 | 温かいもてなし | バイキングの歴史 | ショッピング

  • 交通ハブ

    ダブリン空港 | ダブリン港 | ヒューストン駅 | コノリー駅 | バスアラス・バス・ステーション

ブリンの街路は過去と現在が入り混じり、活気に溢れています。この街の1000年の歴史は、作家、訪れる人、政治運動家などにインスピレーションを与えてきました。これらの街路を歩いて歴史をたどる旅に出ましょう。優雅なジョージ王朝時代の道を通り、優れた、時にはスキャンダラスな偉業が行われた壮麗な建物を過ぎ、リフィー川の岸辺にあるバイキングの起源から、ミイラ化した遺骸と聖なる遺物が収められている趣豊かな中世の教会までの道を歩くことができます。

...何世紀もの歴史のあるパブからジョージ王朝時代の建物、街の中心にある厳かなトリニティ・カレッジに至るまで、ダブリンには輝かしい歴史が今も息づいている。

ニューヨーク・タイムズのダブリン評

みなさんは、トリニティ・カレッジに展示されている古代の装飾写本に目を見張ることでしょう。数え切れないほどのミュージアムをめぐり、緑豊かなフェニックス・パークを探検し、静寂に包まれたセント・スティーブンズ・グリーンを散策できます。さらによいのは、ダブリンの魅力がたっぷりつまったルート、ダブリンのディスカバリー・トレイルを歩くことです。

ハーフペニー橋
ハーフペニー橋

ダブリンを歩いていると、当然、燃料を補給する必要が出てきます。カフェ、レストラン、ガストロ・パブで、ダブリン名物コドル(アイリッシュ風ソーセージ煮込み)やヨーロッパスタイルの軽食をお楽しみしください。もう少し落ち着いた食事がご希望であれば、レストラン・パトリック・ギルボーチャプター・ワン</a>など、驚くほどリーズナブルなミシュラン星レストランはいかがでしょうか。 

世界で最も大切なことは、食べ物、飲み物、そして自分を愛してくれる人を見つけること。

ブレンダン・ビーハン

ダブリンを訪れたら、すてきなパブにぜひお立ち寄りください。絶え間ないおしゃべり、笑い声、そして個性豊かな地元っ子であふれるパブこそ、ダブリンが誇るくつろぎの場です。

宿泊先をお探しですか?

海が見える部屋での目覚め、カントリーハウスでの朝食、またはにぎやかな街中で。

検索条件に一致する結果がありません
Hmm, don't know that email. Can you check it and try again?